ITトレンドの移り変わり

ガートナージャパンは4月に「今後5年間でITに影響を与える最重要トレンドとテクノロジ」を発表しました。
発表では、「2014年までに、SaaS運用管理ツールを利用する組織の30%が、サービスレベルの低さを理由にオンプレミスに転換する」、「2014年までに、市場の統合によりITサービスベンダーのトップ100社中20%が市場から姿を消す」ということが言われました。

なぜこのようになるかというと、ITの複雑性が増し、今より更に時間を感じさせなくすることに重きを置く人が増えることが要因となっています。
2014年までにSaaS運用管理ツールを使用する組織の30%がオンプレミスに転換し、加えて市場の統合によりITサービス、ベンダーのトップ100社中の20%が姿を消す、と懸念されています。
また、ネットワーク制御を行うソフトウェアの重要性が今後さらに増すだろう、とも言っています。

これからの時代はとにかくネットワークの速さが求められるので、製作する側がそれに対応しなければなりません。そのために新しい技術が必要とされるので、それについていけず、スキルを身に付けることが出来ない人はこぼれ落ちてしまいそうです。
さらに、今後はあらゆるものがネットワークで繋がります。インターネット上での買い物は今よりさらに快適に速く、そして交通情報などもリアルタイムで、正確にわかるようになります。
仕事や行政、医療、教育など様々な分野で活かされるようになります。IT化は私達の生活を豊かに、便利で快適なものにしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です